ページの先頭です

ICTを活かしたまちづくり 総合窓口システムを導入

[2014年10月15日]

 市は、住民異動などの手続きと各種市民サービスがリンクした総合窓口システムを、10月6日から導入しました。
 このシステムは、転入、転出、転居などの際に、必要な手続きをシステムで判定し、住所や氏名などが印刷された案内書や申請書を作成することができるシステムです。
 市民一人ひとりに合わせた案内書や申請書を利用することで、各種手続きの漏れを防ぎ、手続き時に記入していただく箇所が減り、窓口での手続き時間を短縮できます。
 また、案内書には手続きの場所はもちろん、異動事由なども記載されるので、訪れた窓口ごとに、用件を説明する必要がなくなります。
 市は、今後もICTを活用して、より一層便利な市民サービスを提供し、市民満足度の更なる向上に努めていきます。

ICTで暮らし便利に!
案内書

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る