ページの先頭です

秋まつり 各地でにぎやかに

[2014年11月1日]

まつり


◆◇城下町に 掛け声響く ~十万石まつり~◇◆
 城下町の秋を彩る「十万石まつり」が10月12日、大垣駅通り一帯で開かれ、約12万人の人出でにぎわいました。
 この祭りは、大垣藩十万石の藩主をまつる常葉神社の例祭が起源。当日は、31団体約4,000人による華やかな少年団体パレードが行われたほか、大垣城鉄砲隊による火縄銃の演武、十万石おどりなどが繰り広げられました。
 また、午後には子どもみこしや大人みこしなど約40基のみこしが登場。「ワッショイ!ワッショイ!」と威勢のよい掛け声とともに練り歩きが始まると、祭りムードは最高潮に。その熱気あふれる姿を一目見ようと、沿道は大勢の見物客で埋め尽くされました。


◆◇ふるさとに伝わる祭やまの競演 ~綾野まつり・久瀬川まつり~◇◆
 綾野町の白鬚神社では、10月11日に今年の豊作に感謝する「綾野まつり」が行われました。
 江戸時代末期から伝わるとされる5両のやまが、町内と黄金色に染まる田園地帯を巡行し、神社でからくりなどを披露。夜には、宵やまが行われ、華やかにフィナーレを飾りました。
 また、10月11日・12日の二日間、久瀬川神社では、秋の例祭「久瀬川まつり」が行われました。
 愛宕やまの巡行に加え、みこしが町内を練り歩いて祭りを彩ったほか、夜にはやまと神社のちょうちんに灯りがともされ、訪れた人々はその幻想的な光景に酔いしれていました。

綾野まつり

綾野まつり

久瀬川まつり

久瀬川まつり

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る