ページの先頭です

市長と女子大生 住みよい街を考える

[2014年11月15日]

 大垣女子短期大学の学生11人と小川市長が語らう意見交換会が10月1日、同大学で開かれました。
 この会は、主にこれからの子育てを担う若年女性の意見を参考にし、市政に反映させるために開かれたもので、今回が初開催。「魅力発見 大垣」をテーマに、若い女性ならではの感性で、学生が大垣市の魅力や課題について、市長に思いを語りました。
 意見交換会では「高校生世代までの医療費無料化が魅力的」「山や川などの自然と都市部のバランスがいい」といった意見が出たほか、「若者向けの店舗を増やして」「学校周辺の街灯が少なく夜道が不安」といった声が上がりました。
 市は、今後も市内の企業に勤める女性や、市内の高校に通う学生を対象に同様の意見交換会を実施し、住みよい街づくりを進めていきます。

意見交換会1
意見交換会2

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る