ページの先頭です

年末の交通安全県民運動 ~無事故で年末 笑顔で年始~ 12月11日(木)~12月20日(土)

[2014年12月1日]


【重点(1)】夕暮れ時と夜間における交通事故防止
 過去10年間の歩行者の月別死傷者数は、12月が最も多く、そのうち約3割が「魔の時間帯」と言われる午後4時~8時の間に発生しています。
 夕暮れ時や夜間に外出するときは明るい色の服装を心がけ、反射材を身に着けましょう。

【重点(2)】飲酒運転の根絶
 飲酒運転は、判断力や注意力などを低下させ、重大事故を引き起こす悪質な犯罪です。
 年末は忘年会など飲酒の機会が増えますが、公共交通機関やタクシー、運転代行サービスを利用するなどして、絶対に飲酒運転はやめましょう

【重点(3)】全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底
 いまだにシートベルトやチャイルドシートの非着用による死亡事故が後を絶ちません。
 シートベルトやチャイルドシートは、交通事故発生時の自害の防止や軽減に欠かすことができません。運転手はもちろん、後部座席を含め、車に乗った人全員の着用を徹底しましょう

平成26年度JA共済 小・中学生交通安全ポスターコンクール 優秀作品

平成26年度JA共済 小・中学生交通安全ポスターコンクール 優秀作品

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る