ページの先頭です

女性の健康を考える 知っていますか?乳がんのこと

[2015年1月1日]

 現在、日本人の乳がん患者は増加傾向にあり、女性の15人に1人が乳がんになるとされています。また、以前は、40~60代が罹患率のピークと言われていましたが、最近では、若い年齢で発症する「若年性乳がん」が増えてきています。
 症状は、しこりができる、皮膚にくぼみができる、赤く腫れる、血液が混じったような分泌物が出る、オレンジの皮のように毛穴が目立つ、乳首がただれるなど実にさまざまです。発見が遅れると、骨や肺、肝臓などに転移する場合もある恐ろしい病気です。
 しかし、乳がんはセルフチェックなどにより、自分で見つけることができる可能性が高いがんです。日ごろから、セルフチェックや定期検診を行うことが、早期発見・治療につながります。
 大垣市保健センターは、次のとおり乳がんについての催しを行います。この機会に、乳がんについての知識を深め、自身の健康について振り返ってみませんか。


【乳がん検診受診促進キャンペーン】
・とき : 1月12日(月・祝) 午前10時~午後2時
・ところ : イオンモール大垣2階ポケット前ブリッジ(外野)
・内容 : 乳がんのセルフチェックの仕方講座、乳がんや乳がん検診についての相談、アロマハンドマッサージなど
・問い合わせ : 大垣市保健センター(TEL 75-2322)へ

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る