ページの先頭です

公共工事における工事内訳書の提出について

[2015年11月26日]

公共工事における工事内訳書の提出について

 「公共工事の入札及び契約の適正化の促進に関する法律」の改正に伴い、入札金額が適正に積算されているかを確認するため、平成27年4月1日から公共工事(指名競争入札を含む)の入札時には、入札書と併せて工事内訳書も提出していただくことになります。                               

 なお、入札書と工事内訳書の提出のない場合や入札金額と工事内訳書の合計が一致しない場合は、無効となりますのでご注意ください。

 

〇 公共工事の入札及び契約の適正化の促進に関する法律(平成十二年法律第百二十七号)

 第四章 適正な金額での契約の締結等のための措置

 (入札金額の内訳の提出)

第十二条 建設業者は、公共工事の入札に係る申込みの際に、入札金額の内訳を記載した書類を提出しなければならない。

 

工事内訳書の記載例

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

大垣市総務部契約課[4階]

電話でのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る