ページの先頭です

大垣祭の軕行事 国の重要無形民俗文化財に (平成27年2月1日号)

[2015年2月1日]


 1月16日、国の文化審議会から文部科学大臣に答申が行われ、「大垣祭の軕行事」が重要無形民俗文化財に指定されることが発表されました。
 大垣市初の国の重要無形民俗文化財となり、美濃地方でも初めての祭礼行事の指定となります。
 今後、官報告示を経て、正式に指定されます。
 答申内容について詳しくは、文化振興課(TEL 47-8607)でお尋ねください。
神楽軕

神楽軕

大黒軕

大黒軕

恵比須軕

恵比須軕

相生軕

相生軕

布袋軕

布袋軕

菅原軕

菅原軕

鯰軕

鯰軕

榊軕

榊軕

浦嶋軕

浦嶋軕

玉の井軕

玉の井軕

松竹軕

松竹軕

愛宕軕

愛宕軕

猩々軕

猩々軕

国の答申内容
指定種別重要無形民俗文化財
名称大垣祭の軕行事
所在地大垣市
保護団体大垣祭保存会
公開期日毎年5月15日直前の土曜日、日曜日

一般的には、「大垣まつり」とひらがな表記を用いますが、国の答申では漢字表記を用いています

 「大垣祭の軕行事」は、大垣の城下町祭礼として伝承されてきた美濃地方を代表する祭礼行事であり、大垣藩主下賜の軕と町衆の軕が併存する形態は全国的にも希少です。
 また、からくり人形には中京圏の山車行事、軕上の芸能には近畿圏の山車行事の影響が色濃く、東西の祭礼文化の交渉がうかがわれるなど、国内の山・鉾・屋台行事の伝播や変遷を理解する上で重要であると評価されました。
 今回の答申を受け、大垣祭保存会の渡辺彰会長は「私たちにとってまつりは誇りであり、生活の一部。しっかりと後世に伝えつつ、皆で盛り上げ、市民全体が誇りと思えるようなまつりにしていきたい。」と語りました。
 市は、歴史と伝統ある大垣まつりを、今後も多くの皆さんに見てもらえるよう、伝統文化の保護と情報発信に努めてまいります。
 なお、今年の大垣まつりは、5月9日(土)・10日(日)に開催されます。ぜひ、お出かけください。

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る