ページの先頭です

4月から変わります!介護保険 ~特養の新規入所を 原則要介護3以上に変更~ (平成27年2月15日号)

[2015年2月15日]

 介護保険制度は、3年ごとに見直しが行われています。その改正の年にあたる今年4月から、介護保険のサービス内容などが一部変更になります。
 大きな変更点は、「特別養護老人ホーム(特養)の新規入所者が、原則要介護3以上に変更」された点です。国は限られた施設のなかで、より介護の必要性の高い人が入所できるよう、特別養護老人ホームを在宅での生活が困難な中重度の要介護者を支える施設として位置づけ、その機能の重点化に取り組んでいます。
 このため、平成27年4月1日からは、特別養護老人ホームの入所は原則要介護3以上が対象となります。ただし、要介護1・2の人でも認知症などで在宅での介護が困難な場合など、やむを得ない事情があれば新規入所が認められる場合があります。
 また、すでに入所している要介護1・2の人は、引き続き入所できる経過措置が設けられています。
 詳しくは、高齢介護課(TEL 47-7409)へ。

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る