ページの先頭です

交通安全 一口メモ 見切り発進は事故のもと 歩車分離式信号機 (平成27年2月15日号)

[2015年2月15日]

 歩車分離式信号とは、交通事故防止のため、歩行者と車両が通行する青信号の時間を分離している信号機のことです。都市部ではよく見かけられますが、市内でも数か所設置されています。この1月から、JR大垣駅周辺の交差点にも設置されました。

・高屋町1丁目 高屋町交差点
・林町5丁目 大垣駅北口交差点
・宮町1丁目 スーパーホテル前交差点

 上記交差点では、青信号で進行できるのは、歩行者または車両のいずれかです。たとえば、高屋町交差点は、車両(東西進)→車両(南北進)→歩行者の順に信号が青になります。通常の交差点と勘違いして、見切り発進すると大変危険です。なお、これらはスクランブル交差点ではありませんので、斜め横断はできません。
 詳しくは、大垣警察署(TEL 78-0110)へ。

歩車分離式信号

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る