ページの先頭です

大垣市と安八町間 大安大橋が開通 (平成27年3月1日号)

[2015年3月1日]


~開通式で市民らが渡り初め~

 2月18日に、県道193号大垣江南線の「大安大橋」が完成し、同橋を含む大垣市小泉町と安八町西結を結ぶ約2.4キロメートルの区間の供用が始まりました。
 大安大橋は、揖斐川に架かる全長394メートルの橋で、片側一車線、南側には歩道も付いています。今まで、大垣地域と墨俣地域との往来は、同橋の北にある揖斐大橋と南にある大垣大橋を渡る方法がありましたが、新たな橋の開通によって、両地域のアクセスがさらに向上し、渋滞の解消が期待されています。
 この日、橋上で行われた開通式には、約700人が参列。テープカットとくす玉割りが行われた後=写真=、大垣市と安八町を代表した三世代家族を先頭に、市民と関係者らが渡り初めをして、新しい橋の完成を祝いました。

「大安大橋」完成式典

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る