ページの先頭です

地域再生計画の事後評価について

[2015年4月10日]

 本市では、金型関連産業の人材力強化を柱とした、地域が行う地域再生のための自主的・自立的な地域再生計画について、岐阜県と連名で申請し、平成18年7月に内閣府から認定を受けました。

 平成25年度で計画期間が完了し、目標値の基礎となる平成25年工業統計調査結果が発表されたため、事後評価結果を次のとおり公表します。

1 事業計画の名称

 金型関連産業の人材力強化による地域ものづくり基盤再生構想

2 計画期間

 平成18年7月3日(認定の日)~平成26年3月31日

3 目標

 経済産業省の工業統計調査における一般機械器具製造業(日本標準産業分類 中分類)の「従業者1人あたりの粗付加価値額」を指標として設定し、平成16年の「893万円」を基準とし、計画に掲げた事業を推進することにより、計画最終年の平成25年に基準の1.2倍「1,072万円」にすることを目標とします。

基準値と目標値

目標指標名

基準値(平成16年)

目標(平成25年)

一般機械器具製造業の「従業者1人あたりの粗付加価値額」

893

1,072

4 結果(参考)

平成25年度実績
 産業中分類従業者数付加価値額一人あたり付加価値額
はん用機械器具製造業322 428,136 
生産用機械器具製造業839 625,064
業務用機械器具製造業94 62,943
1,255

   1,116,143

889 
 ※平成20年工業統計調査より、調査用産業分類・品目分類が改定されました。よって、目標指標とした「一般機械器具製造業」は、上記の3つの分類に分割されるとともに、「業務用機械器具製造業」に「精密機械器具製造業」及び「その他の製造業」が移設され、目標値との比較ができないため、参考値として公表しています。

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

大垣市経済部産業振興室[弘光舎ビル7階]

電話でのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る