ページの先頭です

はじめませんか エコなくらし (平成27年5月15日号)

[2015年5月15日]


 エネルギーを大量に消費する生活による化石燃料の枯渇や地球温暖化など、さまざまな問題に直面している現在、環境にも優しい新エネルギーや省エネルギー機器が注目されています。
 地球環境を守るため、エコなくらしを始めてみませんか。
 詳しくは、環境衛生課(TEL 47-8563)へ。

 市は、新エネルギーおよび省エネルギー機器の購入・設置にかかる費用に対し、次のとおり(1)~(4)の補助金を交付します。
・募集期限 : (1)12月28日 (2)~(4)平成28年3月31日
・申込 : 6月1日から募集期限までの平日に、環境衛生課で配布の申請書(市HPからダウンロード可)に必要事項を記入し、同課へ

◆補助事業の説明会を開催
・とき : 5月23日(土) 午前10時~11時
・ところ : 情報工房5階セミナー室


【1】地下水利用地中熱ヒートポンプ
◇地下水利用地中熱ヒートポンプは、地中温度と外気温との温度差を利用した空調システムです。夏季は放熱源、冬季は採熱源として地中の熱を利用します。

・応募条件 : 次の条件をすべて満たす人
        (1)市内に住所を有する人、市内に事業所を有する中小企業者、市内に施設を有する医療法人、学校法人、NPO法人など
        (2)市税を完納している人
・補助要件 : 地下水を利用した地中熱ヒートポンプであること
・補助金額 : 購入価格、設置工事費の合計額の50%以内(上限100万円)
・募集件数 : 5件程度(予算の範囲内で先着順)
・備考 : 設置前の申請が必要
地中熱ヒートポンプ
地下水利用地中熱ヒートポンプのしくみ

地下水利用地中熱ヒートポンプのしくみ



【2】太陽光発電設備
◇太陽光をソーラーパネルで電気に変えるシステム。家庭や企業などで広く浸透している新エネルギー機器です。

・応募条件 : 次の条件をすべて満たす人
        (1)自ら居住する市内の住宅に補助対象機器を設置した人、または補助対象機器付き建売住宅を購入した人
        (2)補助対象機器に自立運転コンセントが設置されており、電気事業者との系統連携の契約を締結した人
        (3)市税を完納している人
・補助要件 : 自立運転コンセントが設置されていること
・補助金額 : 1キロワットあたり1万円(上限4万円)
・募集件数 : 300件程度(予算の範囲内で先着順)
太陽光ソーラー


【3】エネファーム(家庭用燃料電池)、家庭用蓄電池

◇エネファームは、LPガスなどから水素を抽出し、空気中の酸素と反応させて電気を作り出すシステム。家庭用蓄電池は電気を蓄えることができるシステムです。太陽光発電などと連携すると、効率的に充電することができます。

・応募条件 : 次の条件をすべて満たす人
        (1)自ら居住する市内の住宅に補助対象機器を設置した人、または補助対象機器付き建売住宅を購入した人
        (2)市税を完納している人
        (3)国の補助金の交付決定通知を受けていること
・補助金額 : 1台あたり10万円
・募集件数 : 計70台(先着順)


【4】次世代自動車充給電省エネ設備(外部電源設備・V2H)
◇次世代自動車充給電省エネ設備は、電気自動車などが蓄電している電力を、住宅用電源として利用するシステムです。災害時の移動電源となるほか、電力需要のピークシフトの役割を果たします。

・応募条件 : 次の条件をすべて満たす人
        (1)市内に住所を有する人で、自ら所有する次世代自動車に外部電源設備を導入、または外部電源設備付き次世代自動車を購入した人、または居住する市内の住宅にV2Hを設置した人
        (2)市税を完納している人
        (3)国の補助金の対象設備を導入した人は、国の補助金の交付額確定通知を受けていること
・補助金額 : 1件あたり5万円
・募集件数 : 20件(先着順)
次世代自動車

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る