ページの先頭です

8月1日から介護保険制度が変わります ~負担割合や基準額を一部変更~ (平成27年7月1日号)

[2015年7月1日]

◆一定以上の所得がある人の利用者負担割合が「1割」から「2割」に変更
 利用者負担割合が1割から2割になる人は、65歳以上で、本人の合計所得金額が160万円以上(単身世帯で年金収入のみの場合は収入額が280万円以上)の人です。
 ただし、年金収入以外の収入がある人で、「年金収入とその他の合計所得金額(※)の合計額」が、単身世帯で280万円未満、同一世帯の65歳以上の人が2人以上の世帯で346万円未満の場合は、1割負担となります。
※その他の合計所得=合計所得金額から年金の雑所得を除いた所得金額

◆高額介護サービス費の基準額が一部変更
 『高額介護サービス費』の住民税課税世帯の所得区分に、「現役並み所得者(※)」が新設され、該当する人の基準額が下表のとおり変わります(住民税非課税世帯、生活保護受給者などの区分に変更はありません)。

介護保険制度
所得区分基準額
7月まで8月から
住民税課税世帯
(現役並み所得者※)
世帯で37,200円世帯で44,400円
住民税課税世帯
(一般)
世帯で37,200円

※現役並み所得者=同一世帯内に65歳以上で課税所得が145万円以上の人がいる世帯。ただし、同一世帯の65歳以上の人の収入の合計額が単身世帯で383万円未満、2人以上の世帯で520万円未満の場合は、申請により「一般」区分の基準額となります
 詳しくは、高齢介護課(TEL 47-7406)へ。

≪要介護・要支援の認定者全員に介護保険負担割合証を送付します≫
 ご自身の利用者負担割合を記載した「介護保険負担割合証」を7月下旬に送付します。8月1日以降に介護保険サービスを利用する場合、「介護保険被保険者証」と「介護保険負担割合証」の提示が必要です。


ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る