ページの先頭です

熱中症にご注意を (平成27年7月15日号)

[2015年7月15日]


【こんな症状が出たら熱中症を疑いましょう】
・軽度…めまい、立ちくらみ、汗が止まらない
・中度…頭痛、吐き気、けん怠感、虚脱感
・強度…意識がない、けいれん、手足の運動障害
 呼びかけに対し、返事がおかしい、あるいは意識がない場合は、すぐに救急車を呼んでください。水分などを自分で補給できない、または補給しても症状が改善しない場合は、医療機関に受診してください。

【予防法】
・こまめに水分補給をする
・エアコン・扇風機を上手に使用する
・シャワーや濡れタオルで体を冷やす
・部屋の風通しを良くする、温度・湿度を測る
・暑いときは無理をしない
・涼しい服装、外出時は日傘・帽子を使用する
・緊急時・困った時の連絡先を確認する
・涼しい場所・施設を利用する

【急に暑くなる日に注意】
 梅雨の合間の急に気温があがった日や梅雨明けの蒸し暑い日は熱中症が起こりやすくなります。少しずつ体を意識して動かし、上手に汗をかけるようになり、暑さに強い体になるよう心がけてください。


◎問い合わせ : 大垣市保健センター(TEL 75-2322)

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る