ページの先頭です

消費生活関連の情報を提供します

[2017年4月20日]

 大垣市では、消費者の生命、身体や財産被害に関わる消費者被害の発生・拡大防止を図るため、消費者庁等からの情報や、大垣市メール配信サービスより配信された、消費生活関連の緊急情報を随時お知らせしています。


 おかしいなと思ったときや、被害に遭ってしまったときは、消費生活相談室 (188:イヤヤと覚えてください) までご相談ください。

新着情報

債権回収会社に似た名前をかたる事業者に気を付けましょう!(消費者庁:平成29年4月14日発表)

 消費者の携帯電話に「有料コンテンツの利用料金の支払確認が取れません。本日中に連絡なき場合、訴訟手続きに移行します。」などと記したメールを送付し、連絡してきた消費者に有料動画サイトの未払料金などの名目で金銭を支払わせようとする事業者に関する相談が、各地の消費生活センターなどに寄せられています。

 事業者は、「日本債権回収株式会社」「TSB債権管理回収株式会社」「株式会社シー・アイ・シー」といった実在する債権回収会社に類似した名称を名乗り、連絡してきた消費者を言葉巧みに説き伏せます。そして支払いを了承した消費者にコンビニでギフト券を購入し、その番号を電話で連絡するよう指示します。

 「日本債権回収株式会社」「TSB債権管理回収株式会社」「株式会社シー・アイ・シー」が、有料動画サイトの利用料金等の回収業務を行うことはなく、メールで消費者に支払督促の連絡を行うこともないことが確認されています。身に覚えのない請求がメール等からあった場合は絶対に連絡を取らないようにしましょう。詳しくは消費者庁発表の資料をご覧ください。

天然ゴム製品の使用による皮膚障害(ラテックスアレルギー)に注意しましょう(消費者庁:平成29年3月31日発表)

 天然ゴム製品の使用による皮膚障害は、ラテックスアレルギーの可能性があります。

 ラテックスアレルギーは、皮膚と天然ゴム中のタンパク質との接触により、赤み、かゆみ、じんましんなどがあらわれるものですが、まれに血圧低下や意識障害などのアナフィラキシーショックを引き起こすことがあります。アナフィラキシーショックは、最悪の場合、死に至ることもあり、非常に危険です。 

 天然ゴム製品を使用した際に皮膚障害が発生したことのある方は、ラテックスアレルギーの可能性がありますので、天然ゴム製品との接触は控え、アレルギー専門の医療機関に相談しましょう。詳しくは消費者庁発表の資料をご覧ください。

食品による子どもの窒息事故にご注意ください!(消費者庁:平成29年3月15日発表)

 平成22年から平成26年までの5年間で、14歳以下の子どもの窒息死事故623件のうち、食品による窒息死事故は約17%(103件)を占めており、食品が子どもの窒息死事故を引き起こす大きな原因の一つであることがわかりました。  

 子どもが食品による窒息事故にあわないために、食品は小さく切って食べやすい大きさにして与える、年長の子どもが乳幼児にとって危険な食品を与えないようにする、遊びながら食品を食べないようにさせるなどといった点に注意しましょう。詳しくは消費者庁発表の資料をご覧ください。

「DMM.com」をかたる事業者に気を付けましょう!(消費者庁:平成29年2月28日発表)

 消費者の携帯電話に「有料コンテンツの利用料金の支払確認が取れません。本日中に連絡なき場合、訴訟手続きに移行します。」などと記したメールを送付し、連絡してきた消費者に有料動画サイトの未払料金などの名目で金銭を支払わせようとする事業者に関する相談が、各地の消費生活センターなどに寄せられています。

 事業者は、実在する「株式会社DMM.com」と同一または類似した名称を名乗り、連絡してきた消費者を言葉巧みに説き伏せます。そして支払いを了承した消費者にコンビニでギフト券を購入し、その番号を電話で連絡するよう指示します。さらにその後、弁護士を名乗る者から他の裁判の取り下げ費用やブラック情報の削除費用の名目で追加の支払いを請求され、中には支払い総額が100万円を超えてしまった事例も多数あります。

 実在する「株式会社DMM.com」が提供するサービスで利用者に未払い料金等が生じることはありません。DMMの未払い料金を支払えというのは詐欺の手口です。こうした要求には絶対に応じないようにしましょう。詳しくは消費者庁発表の資料をご覧ください。

子どもの歯磨き中の喉突き事故などに気を付けましょう!(消費者庁:平成29年2月15日発表)

 歯ブラシをくわえたまま転倒し、喉を突くなどの事故情報が、医療機関ネットワークに寄せられています。平成22年12月から平成28年12月末までに、6歳以下の事故情報が139件報告され、そのうち3歳以下で124件となっています。中には歯ブラシが口の中に刺さって入院するなどの事故も起きています。

 特に事故が多い1歳から3歳ごろの子どもが自分で歯磨きをする時は、事故を防ぐために、保護者がそばで見守り、床に座らせて歯磨きをさせる、子ども用歯ブラシは喉突き防止カバーなどの安全対策を施したものを選ぶようにするなどの点に気をつけましょう。詳しくは消費者庁発表の資料をご覧ください。

高齢者の入浴中の事故に気を付けて!(消費者庁:平成29年1月25日発表)

 家庭の浴槽での溺死者数は、11年間で約7割増加し、平成27年に4,804人となっています。そのうち65歳以上の高齢者が約9割を占めており、高齢者は特に注意が必要です。

安全に入浴するために、入浴前に脱衣所や浴室を暖める、浴槽から急に立ち上がらないようにする、アルコールが抜けるまで入浴は控えるなどの点に注意しましょう。詳しくは消費者庁発表の資料をご覧ください。

歩行型除雪機を使用中の事故に気を付けて!(消費者庁:平成29年1月12日発表)

 歩行型除雪機については、使用中の事故が毎年発生しており、昨年度の冬も平成27年12月から平成28年2月の間に7件の事故情報(うち4件は死亡事故)が消費者庁に寄せられています。

 歩行型除雪機を使用する際は、安全装置が正しく作動しない状態では絶対に使用しない、周囲に人がいないことを確認するなど、注意点を必ず守りましょう。詳しくは消費者庁発表の資料及び除雪機安全協議会提供の資料(その1その2)をご覧ください。

高齢者の餅による窒息事故に気を付けて!(消費者庁:平成29年1月6日発表)

 年始など年の初めには餅を食べる機会が多くなり、今年も既に餅での窒息による死亡事故が発生しています。

 消費者庁では、高齢者が餅を食べる際に注意すべきことについての専門家のアドバイスや、万一事故が起きてしまったときに参考にしてもらいたい応急手当をまとめましたので、家庭などでの予防と対応に役立ててください。

「高齢者の餅による窒息事故に気を付けて!」(消費者庁)

「ヤフー」をかたる事業者に気を付けて!(消費者庁:平成28年12月22日発表)

 平成27年10月以降、「ヤフー」の名前をかたってSMS(ショートメッセージサービス)を送信し、有料動画の未払い料金の名目で金銭を支払わせようとする事業者に関する相談が、各地の消費生活センターに寄せられています。
 この事業者は、電話をかけてきた消費者に対して有料動画サイトの未払い料金の支払いを求め、支払方法として大手通販サイトのギフトカードを購入してカード番号を伝えるよう指示します。

 消費者庁が東京都と合同で調査を行ったところ、動画配信サービスの提供等を行う実在する事業者であるヤフー株式会社は、本件とは全く無関係であることが判明しています。

 コンビニエンスストアでギフトカードを購入してそのカード番号を連絡するよう求めるのは典型的な詐欺の手口です。事業者から求められても、絶対にギフトカードを購入したり、そのカード番号を教えたりしないようにしましょう。詳しくは消費者庁発表の資料をご覧ください。

クリスマスやお正月の買い物に気を付けて!(消費者庁:平成28年12月7日発表)

 消費者庁には、商業施設などでの事故情報が、平成21年9月以降で800件以上寄せられています。このうち7割以上にあたる約600件が買い物中に濡れた床や段差で滑ったりつまづいたりして起きた転倒事故です。特にこれからの時期は、クリスマスや年末年始に備えて買い物をする機会が多くなるので注意が必要です。詳しくは、消費者庁発表の資料をご覧ください。

 また、これからの時期はお子さんにおもちゃや子ども向けの乗り物などのプレゼントを購入する機会も多くなりますが、小さなお子さんが部品や電池を誤って口に入れたり、乗り方を確認しないまま乗って転倒したりといった危険があります。
 安全な玩具を選ぶときは、STマークの有無を参考にしましょう。また、乗り物に乗るときは、乗り方や遊び場所にも注意し、ヘルメットなどの防具を着用させましょう。 詳しくは、消費者庁・国民生活センター発表の資料をご覧ください。

新しい洗濯表示の記号が付いた衣類の販売が始まりました! (消費者庁:平成28年12月1日発表)

 平成28年12月から、新しい洗濯表示が付いた衣類等の販売が始まりました。

 新しい「洗濯表示」は、世界で共通に使用できるように、記号内に日本語などの文字がありません。記号以外の参考情報については、簡単な言葉で記号のそばに付記される場合がありますので、必ずチェックしましょう。

 平成28年12月から洗濯表示が変わります。(ポスター)

 新しい!衣類の「取扱い表示」(リーフレット)

暖房器具等での子どものやけどやけがに気を付けて!(消費者庁:平成28年11月22日発表)

 消費者庁には、暖房器具等による6歳以下の子どもの事故情報が、平成21年9月以降で350件以上寄せられています。その約7割にあたる240件がやけどの事故で、11月から増え始め、12月・1月がピークとなっています。

 事故の中には、自宅ではなく祖父母宅などの、通常とは異なる外出先で発生したものもありました。お正月の帰省等で自宅以外に滞在することが増える時期でもありますので、特に注意しましょう。

 詳しくは、消費者庁発表の資料をご覧ください。

道路交通法の基準に適合しない電動アシスト自転車に乗るのはやめましょう(消費者庁:平成28年10月27日発表)

 警察庁は、一部の電動アシスト自転車に、道路交通法上の基準に適合しないものがあると公表しました。これを受け、消費者庁でも、基準に適合しない電動アシスト自転車について、注意喚起を行っています。

 電動アシスト自転車のアシスト力が基準を超えていると、不意に急激な力が加わることにより、バランスを崩して事故につながるおそれがあり、危険です。また、基準に適合しない電動アシスト自転車で道路を通行すると、法令違反となります。

 該当する型式など、詳しくは、消費者庁発表の資料でご確認ください。

緊急情報(大垣市メール配信サービス)

【緊急速報】大垣警察署管内でだまし電話が多発!(大垣署:平成29年2月13日 14時38分配信)

 本日、大垣警察署管内において、息子を名乗る男から「裁判をやらなくてはならない。今日家に行く予定であったが、いけなくなった。」などと裁判費用名目のだまし電話が多発しています。
 今後更なるだましの電話が架かってくると予想されます。注意してください。

  • お金に関する話は必ず相談してください。
  • 本当の親族(息子・娘・孫)かを確認をしてください。
  • 不審な電話を受けた場合には、ご家族や警察に相談又は110番通報をお願いします。

【緊急速報】大垣警察署管内でだまし電話が多発!(大垣署:平成29年2月10日 14時22分配信)

◆緊急速報◆
 本日、国民生活センターを名乗る男から「あなたの個人情報が悪用されています。住所と名前と生年月日を教えて下さい。お金が戻ってきます。」などという詐欺のだまし電話が多発しています。
 今後更なるだましの電話が架かってきます。注意してください。

  • 安易に個人情報を教えないで下さい。
  • 「お金が戻ってくる。」はだましの手口です。
  • 還付金はATMで扱いません。
  • 不審な電話を受けた場合には、ご家族や警察に相談又は110番通報をお願いします。

【緊急速報】大垣警察署管内でだまし電話が多発!(大垣署:平成29年2月7日 13時56分配信)

◆緊急速報◆
 本日、大垣警察署の生活安全課員キクチを名乗る男から「昨日逮捕した詐欺事件の関係であなたの通帳がリストに載っていた。通帳を確認してください。」などという詐欺のだまし電話が多発しています。
 今後更なるだましの電話が架かってきます。注意してください。

  • 警察官が訪問し、通帳やキャッシュカードを預かったり、暗証番号を聞いたりすることはありません。
  • 見知らぬ人にキャッシュカードや通帳を渡さないで下さい。
  • 不審な電話を受けた場合には、ご家族や警察に相談又は110番通報をお願いします。

さわやかみまもりネット(大垣署:平成28年11月4日 14時20分配信)

◆還付金詐欺!
 ~多数のだまし電話(11月4日)~本日、大垣市内において、市役所国民健康保険課職員を名乗る者から「5月頃に保険料の還付書類を送付した。11月末で締切なので、もう一度還付金を受け取るための申請書類を送る。」等と電話があり、銀行の口座番号を聞き出そうとする、還付金詐欺のだまし電話が多数かかってきています。
 ご注意ください!!

さわやかみまもりネット(大垣署:平成28年11月2日 15時27分配信)

◆還付金詐欺のだまし電話が多発
 本日、大垣市内において、市役所職員を名乗る者から「還付金がある。保険料の払い戻しがある。」等と、還付金詐欺のだまし電話が多数かかってきています。
 ご注意ください

さわやかみまもりネット(大垣署:平成28年10月26日 15時02分配信)

◆緊急速報 
◆「振り込め詐欺電話に注意!」
「先週(10 /17(月))」から本日までの10日間で、大垣署への振り込め詐欺の電話があったとの通報が31件に上りました。
これは警察に届出があったものだけであり、実際にはさらに多くの騙し電話がかかっていると考えられます。
騙し電話の手口は、「医療費の還付金がある。」などと電話があるものです。
この騙し電話は現在も継続しています。
この電話により5件の詐欺被害が発生しています。
いつ、犯人側から電話がかかってくるか分かりませんので十分注意をしてください!

さわやかみまもりネット(大垣署:平成28年10月24日 12時19分配信)

 土曜日から大垣市内で、市役所の職員を名乗る者から「医療費の還付金がある。保険料の払い戻しがある。」等と電話がかかる、還付金詐欺の前兆事案が連続発生しています。

さわやかみまもりネット(大垣署:平成28年10月21日 11時28分配信)

 本日、大垣市内で、市役所の職員を名乗る者から「医療費の還付金がある。保険料の払い戻しがある。」等と電話がかかる、還付金詐欺の前兆事案が連続発生しております。

さわやかみまもりネット(大垣署:平成28年10月03日 13時4分配信)

 昨日から本日にかけて、大垣市内で、市役所の職員を名乗る者から「医療費の還付金がある。保険料の払い戻しがある。」等と電話がかかる、還付金詐欺の前兆事案が連続発生しております。

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

大垣市かがやきライフ推進部まちづくり推進課[2階]

電話でのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム


消費生活関連の情報を提供しますへの別ルート

ページの先頭へ戻る