ページの先頭です

大垣城築城480年 魅力いっぱい!ふるさとのお城 (平成27年9月1日号)

[2015年9月1日]

大垣城

 全国的にも珍しい4層の天守を持ち、関ケ原合戦の時には、石田三成らも入城して西軍の本拠地となった大垣城。今年で築城480年を迎えました。
 そこで今回は、大垣城の見どころの一部や、築城480年を記念して開催される「第3回全国城サミットin大垣」について紹介します。


≪見どころポイントを一部ご紹介!≫

◎石垣をよく見てみると…
 大垣城の石垣をよく見ると、化石をたくさん発見することができます=写真下=。これは、赤坂の金生山から切り出してきた石灰岩が多く使われているためです。金生山は、地殻変動で海底が隆起してできた山で、古生物の堆積による石灰岩でできています。
 全国的にめずらしい、化石が含まれた石垣。ぜひ、いろんな種類を探してみてください。

化石

◎関ケ原合戦時に活躍?!おあむの松
 石田三成の家臣・山田去暦の娘「おあむ」のことが描かれた「おあむ物語」。関ケ原合戦時、おあむが落城寸前の大垣城から松の木をつたい、堀に浮かべていたたらいに乗って脱出した様子が語られています。ここから「おあむの松」=写真=と名付けられました。今でも、天守の西側で見ることができます。
 ちなみに、この「おあむ」をイメージして生まれたのが市マスコットキャラクター「おあむちゃん」。松の木や、たらいのデザインを使用しています。
 
おあむの松
おあむちゃん


◎いざ天守へ!戦国武将気分を楽しもう

----【1F】----
 戦国時代に使われていた武器を実際に手にとることができる体験ゾーンがあります。槍、火縄銃、弓など、大きさや重さをぜひ確かめてみてください

火縄銃
----【2F】----
 戦国時代の武士の生活が分かる日常用品などがたくさん展示されています。現代と比べてみると、今自分が使っているモノのありがたみが分かるかもしれません
日常用品
----【3F】----
 大垣城の改修の様子が一目で分かるパネルが展示されています。一度焼失した大垣城ですが、焼失前とほとんど変わらない姿に復元されていることが分かります
パネル展示
----【4F】----
 最上階は展望台になっており、東西南北をパネルで表示して、各方面にある史跡などを解説しています。城主気分でしばらく外を眺めてみてはいかがでしょうか
展望台

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る