ページの先頭です

◇ 平成27年度 第1回大垣市人権のまちづくり懇話会 ◇

[2015年12月11日]

開催日時 : 平成27年7月3日(金) 午前10時00分~11時40分

開催場所 : 大垣市役所 2階 第1会議室

出席委員 : 子安委員長、五島委員、石井委員、山岡委員、説田委員、成瀬委員、江森委員、

        棚橋委員、早野委員、馬久地委員、社本委員、山﨑委員、杉浦委員

出 席 者 :  (事務局) 中山福祉部長、坂室長、玉井専門員、松島主幹、小川主査

<次第>

1 開会

2 あいさつ

3 委員委嘱

4 議 題

  議題第1号  大垣市人権のまちづくり懇話会について

  議題第2号  大垣市人権施策推進指針 平成26年度の取組(実績)について

  議題第3号  大垣市人権施策推進指針 平成27年度の取組(計画)について

  議題第4号  その他

           平成26年中の「人権侵犯事件」の状況等について

5 閉会

 【委員の意見】

1.北中校区の「人権教育総合推進地域事業」に関して

  • 中学校の生徒、小学校の児童は人権教育の成果が出てきている。
  • 子どもの教育は大人からという言葉があるので、人権意識の向上のきっかけとなる、家庭向きの教育・啓発を行ってほしい。

2.人権Letterについて

  • カラーで読みやすく、内容はその時々で変化を出している。読んでいる人は多い。

3.「中学生にとってのDVってなに」の開催について

  • 中学生にデートDVは早いのではという認識があるが、現在の中学生にとっては、今後、身近に起こり得る問題であるので、これからも普及啓発は必要である。

4.「高齢者虐待防止研修会」の周知について

  • 研修会の周知については、関係者だけではなく、地区の自治会、地区社会福祉推進協議会などから多くの方が参加してもらえるよう、広く周知してほしい。

5. 「インターネットによる人権侵害」に係る啓発について

  •  インターネットを利用するコミュニケーションサービスでは、人を中傷するなどの人権問題が増大している。
  • 児童生徒が使用しているスマートフォン等で行うLINEなどのコミュニケーションでは、送信者が文字だけで伝える一方的な内容になりがちになり、受信者が意味を取り違え、お互いの関係に影響を及ぼすことがあるので、情報モラルの向上につながる教育・啓発を目指してほしい。

6.「平成27年度の分野別各施策の取組(計画)」について

  • 中学校でいじめにあっていた生徒の母親から、ほほえみ相談員が子どもの支えになっていたことを聞いているので、今後もすべての学校でほほえみ相談員の配置を継続してほしい。

7. 「平成26年中の人権侵犯事件の状況等資料」について

  • 資料では、県内の件数を示しており、岐阜地方法務局が地区ごとの個別件数を公表していないので、大垣市内の件数については明らかになっていない。

 

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

大垣市福祉部人権擁護推進室[1階]

電話でのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る