ページの先頭です

深秋の宿場町 時代絵巻鮮やか (平成27年11月15日号)

[2015年11月15日]

雅楽の調べに合わせて華やかに練り歩く姫宮行列

雅楽の調べに合わせて華やかに練り歩く姫宮行列

【中山道赤坂宿まつり】
 赤坂町の旧中山道一帯で11月1日、「中山道赤坂宿まつり」が開かれ、14代将軍徳川家茂に嫁いだ皇女和宮の嫁入りを再現した行列が行われました。
 この行列には、和宮に加え、9代将軍家重に嫁いだ比宮、10代将軍家治に嫁いだ五十宮も登場。3姫は、地元自治会や婦人会、小中学生らが扮する女官や甲冑武者など100人以上を従えて、荘厳な雅楽の音色とともに、宿場町の面影を残す旧中山道を練り歩きました。
 また、当日は、目玉である行列以外にも、旧清水家住宅での「旅の絵手紙作品展」や茶会、本陣公園でのよさこいソーランや餅まき、地元商店の物産市など、多彩な催しが行われました。
 晴天に恵まれたこともあり、まつりには約4万人が来場。沿道を埋め尽くす大勢の観客は、目の前で繰り広げられる鮮やかな時代絵巻に見入っていました。

【芭蕉元禄大垣きもの園遊会】
 同じく11月1日、大垣駅通りや美濃路一帯で「芭蕉元禄大垣きもの園遊会」が開かれました。
 かつての美濃路は、町人文化が開花した元禄時代から戦後までの長きにわたって、多くの呉服店が軒を連ね、にぎわいを見せていました。そのにぎわいを再現しようと開催されたこの催し。当日は、着物姿の参加者約300人が、着物姿でスタンプラリーや写真撮影会などを通して、まち歩きを楽しみました。
 また、美濃路大垣宿本陣跡では、大茶会も開催。往時の宿場町さながらの雰囲気に包まれる中、抹茶のおもてなしを受け、一息つく姿が見られました=写真=。

抹茶のおもてなし

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る