ページの先頭です

ジェネリック医薬品について

[2015年12月28日]

ジェネリック医薬品について

ジェネリック医薬品とは、最初に作られた薬(先発医薬品:新薬)の特許期間が過ぎてから作られた薬です。その成分や効き目、安全性は厚生労働省により認められています。

特徴

・開発コストがない分、低価格です。

 新しい薬を開発するには年月もお金もかかります。ジェネリック医薬品は開発費がかかっていない分、安い価格にすることができます。

・ずっと使われている薬なので安心です。

 ジェネリック医薬品のもととなる新薬は、長い期間ずっと使われている薬です。

注意点

・すべての薬にジェネリック医薬品があるわけではありません。

・薬代が下がっても、自己負担額が新薬使用時と変わらない場合もあります。

・お医者さんが使用を認めない場合は切り替えることができません。

 

《参考》

厚生労働省「ジェネリック医薬品Q&A」
http://www.mhlw.go.jp/bunya/iryou/kouhatu-iyaku/dl/02_120713.pdf(別ウインドウで開く)

政府広報インターネットTV「徳光&木佐の知りたいニッポン!」における後発医薬品の普及啓発の番組
http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg12689.html?c=23(別ウインドウで開く)

厚生労働省のジェネリック医薬品に関するサイト
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryou/kouhatu-iyaku/index.html (別ウインドウで開く)

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

大垣市福祉部窓口サービス課(保険年金・医療)[1階]

電話でのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る