ページの先頭です

暖かな好天のなか城下町を快走 (平成28年1月15日号)

[2016年1月15日]

新春マラソン


新春マラソン 4,300人が走り初め

 1月3日、中心市街地一帯を舞台に、「城下町おおがき新春マラソン2016」が開かれました。
 今年で8回目を迎えたこのマラソンは、大垣市商店街振興組合連合会や大垣市陸上競技協会などで組織する実行委員会(田中良幸委員長)が主催。市民の皆さんの健康増進や中心市街地の「にぎわい創出」を目的に、毎年行われてきました。年々認知度が高まり、県外からのエントリーも増え、今年は過去最多となる約4,300人のランナーが参加しました。
 当日は、大垣城ホール前での開会式の後、小・中学生の部(3キロメートル)、一般・高校の部(10キロメートル)、ウォーキング・ジョギングの部(3キロメートル)の3部門に分かれ順次スタート。奥の細道むすびの地記念館付近や市役所前、大垣駅通りなどを駆け抜け、ゴールの新大橋を目指しました。
 沿道では、大勢の観客とともに、ゲストランナーの千葉真子さんと湯田友美さんも熱い声援を送りました。また、ゴール付近では、商店街の皆さんにより白玉ぜんざいやみそ汁などの振る舞いも行われ、疲れを癒すランナーの笑顔があふれていました。
 なお、新春マラソンとしては、今回この大会が最後となり、今後は新たな形でのマラソン大会の開催を予定しています。

商店街の皆さんのおもてなし

商店街の皆さんのおもてなし

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る