ページの先頭です

シリーズ ふるさと大垣 懐かしの一枚 (平成28年1月15日号)

[2016年1月15日]

立体交差前の林町交差点


 東海道本線との立体交差道路ができる前の林町交差点です。
 戦災復興都市計画事業を進めていた大垣市は、昭和28年に道路と鉄道の立体交差の工事に着手。3年後の31年、林町と室村町に現在の立体交差道路が完成しました。
 これにより、鉄道を挟んだ南北の交通が便利になり、大垣駅北口の開設と相まって、北部地区は急速に発展しました。

立体交差前の林町交差点

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る