ページの先頭です

個人番号カードについて

[2017年4月5日]

個人番号カードとは

 個人番号(マイナンバー)の提示に使える書類で、公的な本人確認書類として利用できます。またICチップを登載しており、アプリケーションを設定することでさまざまなサービスを受けることができます。
申請方法はこちらをご覧ください。
 個人番号カードの申請・交付

個人番号カードの有効期間

・20歳以上の方は、交付申請後10回目の誕生日まで。
  20歳未満の方は、交付申請後5回目の誕生日まで。
・外国人住民の方の有効期間は次のとおりです。
外国人住民の有効期間
 在留資格有効期間 
 永住者・特別永住者 交付申請後10回目の誕生日まで
 上記以外 申請時点の在留期間の満了の日まで※

※在留期間が更新された場合、有効期間の更新手続きが必要となりますので、本庁窓口サービス課までお越しください。

・個人番号カードの有効期間が切れると、個人番号カードを利用した行政サービスが利用できなくなります。また、本人確認書類としての利用もできなくなります。

個人番号カードでご利用いただけるサービス

電子証明書サービス

 個人番号カードに電子証明書を登載し、暗証番号を設定すると、e-Taxなどの電子申請がご利用できます。
電子申請の詳しい情報についてはこちらをご覧ください。
 総務省ホームページ:公的個人認証サービスによる電子証明書(外部リンク)(別ウインドウで開く)

証明書コンビニ交付サービス

 個人番号カードに電子証明書を登載し、暗証番号を設定すると、コンビニで住民票などの証明書が取得できます。
詳しくはこちらをご覧ください。
 証明書コンビニ交付サービスについて

図書館利用カードサービス

大垣市立図書館で個人番号カードにアプリケーションを設定していただきますと、図書館利用カードと同様にご利用できます。

電子証明書の申請・更新手続きの方法

 こちらのページをご覧ください。

 個人番号カードの電子証明書

引越しされた場合、婚姻等で氏名が変わった場合

・新しい住所や氏名を個人番号カードの追記欄に記載しますので、住所異動や婚姻等のお手続きの際に個人番号カードをお持ちください。
・e-Taxなどで使う署名用電子証明書は住所、氏名などが変わると失効し、利用できなくなります。窓口サービス課で再度お手続きをしてください。

個人番号カードを紛失したとき、盗難にあった場合

(1)24時間受付のコールセンターへ連絡してください。カードの機能を停止することができます。

  コールセンター  0120-95-0178 または 0570-783-578(つながりにくい場合)

(2)窓口サービス課まで届け出をしてください。なお、個人番号カードの再交付を希望される場合は、あらかじめ警察署に遺失届けをしてから窓口までお越しください。

暗証番号を忘れてしまった場合、暗証番号を変更したい場合

・個人番号カードを窓口サービス課へお持ちのうえ、暗証番号の変更又は再設定の手続きを行ってください。
・暗証番号がわからなくなった場合、ご本人であっても番号の照会には応じられません。

 

【お問い合わせ先】

大垣市役所 福祉部窓口サービス課 住民登録グループ (内線444~447)

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

大垣市福祉部窓口サービス課(市民)[1階]

電話でのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る