ページの先頭です

乾燥するこの季節・・・風邪対策を万全に! (平成28年2月1日号)

[2016年2月1日]

 しばらく高めの気温が続いていましたが、真冬の寒さがやってきました。空気が乾いている冬は、暖房を使うことでさらに乾燥が進み、風邪をひきやすくなります。これは、風邪の原因となるウイルスの飛散量が増加することや、喉の粘膜が乾燥によって炎症を起こしやすくなることによるものです。
 寒い冬を元気に過ごすためにも、風邪やインフルエンザにかからないための生活を心がけましょう。

★風邪予防のポイント
(1)湿度を調節
 エアコンなどの暖房は、室内の空気を乾燥させます。温度設定は上げ過ぎず、加湿器などを使用して湿度を調節しましょう。
 また、体内の保湿のため、水分補給をこまめに行い、冷えるときは温かい飲み物をとるようにしましょう。
(2)栄養ある食事
 ウイルスと戦う免疫物質のもとになるたんぱく質(肉・魚・卵・大豆など)やミネラルをしっかりとりましょう。緑黄色野菜や果物、鶏もも肉などで、ビタミンA・C・Eをとることも大切です。バランスのよい食事で栄養をとりましょう。
(3)手洗い・うがい
 外から帰ったら、まず手洗い・うがいをしましょう。口呼吸は免疫力の低下を招くため、普段から意識して鼻呼吸をしましょう。

★もし風邪をひいたら・・・
 症状が軽いうちに、十分な栄養と 睡眠をとって、こじらせないようにしましょう。できるだけマスクを着用することで喉を保湿し、周りの人にもうつさないように。

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る