ページの先頭です

つりびな小町めぐり開かれる (平成28年3月15日号)

[2016年3月15日]

つりびな


子の成長願い ひな鮮やか


 墨俣地域の早春の風物詩「つりびな小町めぐり」が、3月13日まで美濃路墨俣宿一帯で開かれました。
 つりびなは、着物の古布などを使って「いき粋墨俣創生プロジェクト」の皆さんが手作りしたものです。今回のテーマは「すのまたの飛翔物語」。子どものさらなる成長を願い、空を飛ぶ動物や昆虫を模した作品が、会場一帯を鮮やかに彩りました。
 期間中は、つりびなが飾られた33か所の寺院や商店などを巡るスタンプラリーや写真コンテストなどが行われ、大勢の観光客でにぎわいました。
 また、今回初の試みとして「夜のつりびなめぐり」も開催。行燈に照らされることで昼とは趣が変わった美濃路とつりびなも、好評を博していました。

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る