ページの先頭です

奥の細道むすびの地記念館企画展 <3月26日取材>

[2016年3月30日]

芭蕉の書で「奥の細道」をたどる

華やかに行われたテープカット
新たに公開された3D映像

 奥の細道むすびの地記念館で、3月26日から企画展「芭蕉の真筆でたどる『奥の細道』北陸路 ~北陸路の雲に望む そして大垣へ~」が始まりました。

 奥の細道むすびの地記念館では、松尾芭蕉や『奥の細道』について解説する常設展のほか、年に3回の企画展を開催しています。今企画展は、松尾芭蕉直筆の書など貴重な資料を展示して、その足跡をたどるものです。

 この日は開場式が開かれ、テープカットが行われました。その後、この展示に合わせ、3Dシアターで流す新たな映像も公開。見終わった観覧者からは大きな拍手が上がっていました。

 この企画展は5月15日まで開催しています。また、会場周辺では「春まつり」や「舟くだり」などさまざまなイベントが行われていますので、春のうららかな陽気の中、皆さんぜひお越しください。

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

大垣市企画部秘書広報課[2階]

電話でのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る