ページの先頭です

身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳の交付

[2016年4月1日]

窓口 障がい福祉課 障がい福祉グループ

身体障害者手帳

 視覚、聴覚、平衡機能、音声・言語・そしゃく機能、肢体不自由、心臓・じん臓・呼吸器・ぼうこう又は直腸・小腸・肝臓・免疫機能に障がいのある方に交付されます。
 手帳の等級は、障がいの程度により1級から6級までの区分があります。
 申請される方は、次の持ち物を持って、障がい福祉課へお越しください。

 

身体障害者手帳
手続き持ち物
新規交付

・指定医師診断書(最初に障がい福祉課へ取りに来ていただき、指定医に記入していただきます)
・写真
・印鑑(朱肉を使うもの)

・個人番号、身元確認に必要な書類(*)(別ウインドウで開く)

再交付再判定
障がいの程度変更
障がいの追加

・指定医師診断書
・写真
・印鑑(朱肉を使うもの)
・現在の手帳

・個人番号、身元確認に必要な書類(*)(別ウインドウで開く)

紛失・破損

・写真
・印鑑(朱肉を使うもの)

・個人番号、身元確認に必要な書類(*)(別ウインドウで開く)

※写真は、タテ4cm×ヨコ3cm、脱帽、上半身が写ったもの、1年以内に撮影したもの。
※交付までには、申請から1か月ほどかかります。

 

療育手帳

 知的機能の障がいが発達期(おおむね18歳まで)にあらわれ、日常生活に支障が生じているため、何らかの援助を必要とする状態にある方に交付されます。
 18歳未満の方は西濃子ども相談センター、18歳以上の方は岐阜県知的障害者更生相談所の判定によります。
 手帳の等級は、障がいの程度によりA1(最重度)、A2(重度)、B1(中度)、B2(軽度)の区分があります。
 申請される方は、次の持ち物を持って、障がい福祉課へお越しください。申請時に各判定機関への判定予約を行います。

 

療育手帳
手続き持ち物
新規交付

・写真
・印鑑(朱肉を使うもの)

更新
(再判定時期・障がいの程度変更)

・写真
・印鑑(朱肉を使うもの)
・現在の手帳

再交付
(紛失・破損)

・写真
・印鑑(朱肉を使うもの)

※写真は、タテ4cm×ヨコ3cm、脱帽、上半身が写ったもの、1年以内に撮影したもの。
※交付までには、判定から1か月ほどかかります。

 

精神障害者保健福祉手帳

 精神障がいをお持ちの方に交付されます。対象は、統合失調症、そううつ病、非定型精神病、てんかん、中毒性精神病、器質性精神病及びその他の精神疾患、広汎性発達障害をはじめとする心理的発達の障がいです。知的障がいのみの場合は療育手帳の対象となります。
 手帳の等級は、障がいの程度により1級から3級までの区分があります。
 申請される方は、次の持ち物を持って、障がい福祉課へお越しください。

 

精神障害者保健福祉手帳
    手続き                           持ち物
新規交付・更新 

・写真(タテ4cm×ヨコ3cm、脱帽、上半身が写ったもの、1年以内に撮影したもの。)
・医師の診断書(初診日から6ヶ月以降のものに限る)
  又は
精神障がいを支給事由とする障害年金、または特別障害給付金を現に受けていることを証明する書類の写し
・印鑑(朱肉を使うもの)

・個人番号、身元確認に必要な書類(*)(別ウインドウで開く)

再交付(紛失・破損)・写真(タテ4cm×ヨコ3cm、脱帽、上半身が写ったもの、1年以内に撮影したもの。)
・印鑑(朱肉を使うもの)
・現在の手帳(紛失の場合は不要)

※有効期間は2年であるため更新手続きが必要となります。(手続は新規申請と同様)
※交付までには、申請から2~3か月ほどかかります。

 

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

大垣市福祉部障がい福祉課[1階]

電話でのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る