ページの先頭です

桜舞うなか舟下り ~「春の芭蕉祭」盛大に開かれる~ (平成28年4月15日号)

[2016年4月15日]

満開の桜をくぐる水門川舟下り

満開の桜をくぐる水門川舟下り


 花曇りの4月3日、奥の細道むすびの地記念館など中心市街地を会場に、「春の芭蕉祭」が行われました。
 この週末は、ちょうど桜が見ごろとなり、参加者は花見も満喫しながら、木枡スタンプラリーや市民俳句まつりなど多彩なイベントを楽しんでいました。
 恒例の水門川舟下りでは、市営東外側駐車場前から同記念館までの約1.1キロメートルを約30分かけて、ゆったりと舟下り。ちょうど舟から桜並木を見上げることができるとあって、先着300人はすぐに満席となり、乗船者は芭蕉気分で舟下りを堪能していました。
 また、今年初めて行われた「全国萌えキャラフェスティバル」には、アニメやご当地アイドルなど、全国からキャラクターが大集合し、人気声優のトークショーやライブステージのほか、物産展に多くのファンがつめかけていました。
 このほか、「芭蕉元禄大垣きもの園遊会」や「元気ハツラツ市」なども行われ、中心市街地は大勢の来場者でにぎわいました。

お抹茶を楽しむ着物姿の参加者ら

お抹茶を楽しむ着物姿の参加者ら

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る