ページの先頭です

華やかな祭絵巻に歓声わく 伝統の大垣まつり開かれる (平成28年6月1日号)

[2016年6月1日]


 新緑の城下町を13両の軕が巡る大垣まつりが、5月14・15日に八幡神社周辺や駅通りなどで開かれ、2日間で31万人の人出でにぎわいました。
 祭り当日は天候に恵まれ、大勢の見物客らは、巧みなからくりの動きやかわいらしい子ども舞踊を楽しんでいました。
 この祭りは、殿様からいただいた三両軕と町衆の軕が併存し、東のからくり芸と西の踊りという東西の祭礼文化の特徴をもつことから、昨年、国重要無形民俗文化財に指定されました。また、県内の高山祭や古川祭をはじめ全国32件の祭礼行事とともに、今秋にはユネスコ無形文化遺産への登録が見込まれています。

大垣まつり

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る