ページの先頭です

特集 “生ごみ”減らして“資源”に変えよう (平成28年6月15日号)

[2016年6月15日]

 皆さん、生ごみを出すとき、その重さに悩まされたり、いやな臭いが気になったりしませんか?
 今回は、そんな生ごみを減らす工夫を紹介します。
 詳しくは、クリーンセンター(TEL 89-9278)へ。

 

親子でダンボールコンポストに挑戦中!

親子でダンボールコンポストに挑戦中!

 

≪まずは生ごみを減らしましょう≫
 日本では、食べ残しや期限切れなどで生ごみとして捨てられてしまうものが、毎年500~800万トンにものぼると言われています。
 そんな大量に発生している生ごみは、皆さんが工夫することで、減らすことができます。
(1)食材を買いすぎない
 …野菜などを丸ごと買って腐らせてしまうことはないですか。食べきれる分だけを買うようにしましょう
(2)料理を作りすぎない
 …1回の食事で食べきれる量を作りましょう。使いきれない食材は、冷凍保存をしておくと便利です
(3)食べ残さない
 …料理を食べ残さないことがごみを出さない基本です。出された料理は残さずに食べましょう


≪捨てる前の“ひとしぼり”≫
◆生ごみのほとんどが水分
 生ごみの約80%は水分と言われています。水分が多いまま捨てると、環境にさまざまな悪影響を及ぼします。
(1)集積所を汚したり、においの原因になる
(2)ごみの重量が増えて、運搬に使用する燃料が余計にかかる
(3)焼却炉の温度が下がるので、その分エネルギーが必要になる


◆生ごみの水分を減らしましょう
 生ごみを捨てる前の「ひと工夫」で、水分を減らして、環境に与える影響を小さくできます。
(1)野菜などは洗う前に皮むきをして、生ごみに水分を含ませないようにする
(2)野菜くずやお茶がらは三角コーナーには捨てず、乾かしてから捨てる
(3)捨てる前に生ごみを押さえつけ、さらに「もう一絞り」をする

生ごみ

 

≪ごみを資源に“ダンボールコンポスト”≫
◆ダンボールコンポストとは
 生ごみを「ごみ」として燃やすのではなく、「資源」として有効活用することができる「ダンボールコンポスト」。ココピート(天然資源の土壌改良材)などの基材が入った厚手のダンボール箱に、生ごみを3か月ほど毎日入れると、自然界の微生物が生ごみを分解し、においも少なく4か月ほどで自家製たい肥ができます。


◆あなたも始めてみませんか
 さまざまな環境問題に市民目線で取り組んでいる大垣市環境市民会議は、ダンボールコンポストを普及させるため、会員募集や講座などを行っています。お気軽にご参加ください。


【“おかえし野菜くらぶ”会員募集】
 “おかえし野菜くらぶ”は、集合住宅などにお住まいで、ダンボールコンポストでできた自家製たい肥の利用が難しい人のための会です。自家製たい肥と新しい基材を交換できたり、たい肥で育ったおいしい野菜がもらえたりします。


【講座に参加してみませんか】
 ダンボールコンポストを始めたい人や、すでに実践中で疑問がある人は、次の講座をご利用ください。

 

ダンボールコンポスト講座
ときところ
6月18日(土) 10時30分~12時00分エコステージおおがき(室本町)
6月27日(月) 10時30分~12時00分コープぎふ西濃支所(古宮町)
6月29日(水) 13時30分~15時00分アクアウォーク大垣(林町)
7月2日(土) 10時00分~11時30分江東地区センター(浅草)
7月12日(火) 10時30分~12時00分大垣中日ハウジングセンター(鶴見町)
7月13日(水) 15時00分~16時00分(株)大丸(荒川町)
落葉・雑草堆肥化講座
ときところ
6月18日(土) 10時30分~12時00分エコステージおおがき(室本町)
7月16日(土) 10時30分~12時00分エコステージおおがき(室本町)

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る