ページの先頭です

人権について考える 災害と人権 (平成28年6月15日号)

[2016年6月15日]


 多くの命を危険にさらし、被災者に苦しみや深い悲しみを与える災害。今年発生した「熊本地震」をはじめ、さまざまな災害は、人権侵害と密接な関係にあります。
 高齢者や障がい者、妊産婦、子ども、外国人など、「要配慮者」とされる人々は、災害発生時の避難や発生後の避難生活において、より多くの困難を抱えるため、特別な援助・配慮が必要になります。長期にわたる避難生活では、被災者のストレスが原因となり、いやがらせ、いじめなど、さまざまな人権侵害が発生する危険性が高まります。
 また、東日本大震災では、福島県の原子力発電所事故により被災地の農業・水産業・酪農業などが受けている風評被害や避難先での被災者に対する心ない対応などが問題となりました。
 突然起こる災害に対しては、どういった問題が起き、どのような対応が必要になるのかを考え、日ごろから人と人とのつながりを意識し、正しい知識と思いやりの心を持つことが大切です。
 詳しくは、人権擁護推進室(TEL 47-8576)へ。

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る