ページの先頭です

飛びだせ!イングリッシュ大垣 ~ふるさと大垣を英語で伝えよう~ (平成28年8月15日号)

[2016年8月15日]

Let's talk about"OGAKI"

大垣の食と工芸に挑戦しよう!

 平成18年度から全小学校での英語教育に取り組んできた大垣市。これまでも授業での英語科のほか、「イングリッシュキャンプ」などの体験型事業を実施してきました。
 そして、今年度からスタートしたのが「飛びだせ!イングリッシュ大垣」事業。学校を飛びだして、英語によるコミュニケーションの楽しさを実感でき、大垣の歴史や文化などの魅力を、体験を通して伝える“発信型体験学習” となっています。
 その第一回目が7月30日に行われ、公募により集まった市内の小学5・6年生38人が参加しました。
 今回は、「大垣の食と工芸に挑戦しよう!」をテーマに、輪中生活館とスイトピアセンターで開催し、4人1組のグループにALT(外国語指導助手)が1人ずつついて、水まんじゅうと木枡づくりを一緒に体験。輪中生活館では、施設内の展示も見学しました。 そして最後に、それぞれの作り方の手順や感想をグループごとに発表。子どもたちは、使った材料や道具の英単語を使い、ALTからの質問にも答えながら、一生懸命に英語で説明しました。
 最初は少し緊張していた子どもたちでしたが、ALTと一日過ごすなかで、「英語を使って大勢と話せた」、「もっと大垣の体験がしたい。また参加したい」などの感想が寄せられ、英語に楽しく触れられたようでした。
 今年度この事業は、テーマを変えて全5回開催予定で、募集のお知らせは、各小学校を通じてチラシを配布するほか、本紙にも掲載します。

面白かった体験について英語で話したよ

面白かった体験について英語で話したよ

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る