ページの先頭です

市民100人委員会(大学生・高校生の部)第2回まちづくりワークショップを開催しました!

[2016年9月2日]

 平成28年8月10日(水)、大垣市情報工房で、「(仮称)大垣市未来ビジョン」および「大垣市市制100周年記念事業基本構想」を策定するための「市民100人委員会」大学生・高校生の部の第2回まちづくりワークショップを開催しました。

 第1回は6月4日に社会人と共同で開催しましたので、大学生・高校生だけで開催際するのは今回が初めてとなります。
 第2回のワークショップでは、「私たちが望む大垣市制100周年を考えよう!」というテーマのもと、いろいろなアイデアを出しあって意見を共有し、最後はそれらのアイデアをキャッチコピーにまとめました。
 どのグループも、参加者どうしすぐに打ち溶けあって、たくさんのアイデアが出されました。


ワークショップの様子

あいさつをする小川市長

 冒頭、大学生・高校生の部のはじめてのワークショップ開催にあたり、小川市長があいさつをしました。


 小川市長は、「大垣市の未来を担っていただく皆さんの若者らしい自由な発想で、アイデアをたくさん出してください。」と述べました。


「いちおし事業」を選ぶ参加者の皆さん

 4グループに分かれたワークショップでは、まず2人でペアになって他己紹介を行いました。


 他己紹介とは、ペアになった人がどんな人なのかをみんなの前で紹介することで、はじめにお互いの名前や最近はまっていることなどを紹介しあいました。


 学校も性別もさまざまですが、年の近い若者どうし、すぐに仲良くなりました。

アイデアを出しあう参加者

 続けてグループ内で少人数に分かれてアイデアを出しあいます。


 「大垣市を映画やドラマの聖地にできたら良いな」
 「100にちなんだギネス記録に挑戦するのはどうだろう」

 など、いろいろな意見が出ました。

タイトルをつける参加者

 意見を出しあったら、次にそれらの意見をカードに書いて模造紙に張っていき、グループで意見を共有します。


 そして、似た意見をまとめてタイトルを付け、最後に全体のタイトルをキャッチコピーにまとめました。


 思いを模造紙いっぱいに詰め込んでいきます。

発表する参加者

 完成した作品をグループごとに発表していきます。


 思いを詰め込みすぎて発表時間を超えてしまうグループもありましたが、どのグループも熱のこもった素晴らしい発表でした!




みんなで記念撮影

 最後に、小川市長と参加者の皆さんで記念撮影をしました。


 若い人たちの斬新で魅力的なアイデアに触れ、100周年がとっても楽しみになるワークショップでした。





大垣市では、皆さんからも市制100周年記念事業に対するご意見を募集しています。

100周年の記念にはこんな事業がふさわしいとか、こんなことをしてみたいという皆さんの熱い思いを、ぜひお聞かせください!

応募は、大垣市ホームページのご意見・提案のページからお願いします。

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

大垣市かがやきライフ推進部まちづくり推進課[大垣市職員会館2階]

電話でのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム


市民100人委員会(大学生・高校生の部)第2回まちづくりワークショップを開催しました!への別ルート

ページの先頭へ戻る