ページの先頭です

認知症 気になることは、早めに相談を (平成28年9月15日号)

[2016年9月15日]

 現在、65歳以上の高齢者の約4人に1人が、認知症またはその予備軍といわれています。大垣市の認知症高齢者数は、介護保険認定者から約4,000人と推計されており、65歳以上の人口の約1割に達しています。
 脳の病気である認知症。病気として捉えられずに放置した結果、症状が進行してしまうケースが多いといわれています。「あれ?おかしい…」と思った時、自分自身が、そして周囲が気づき、早期に対応することが大切です。
 この機会に認知症を、あなたや、あなたのご家族のこととして考えてみませんか。
 詳しくは、高齢介護課(TEL 47-7415)へ。


【認知症かも… “おかしい”と思ったら疑って】
 認知症は、早めに気づくことで、適切な治療や対応ができ、症状を緩和することができます。
 最近、あなたや、あなたの周りの人の言動で変わったことはありませんでしたか。次のことについて、ぜひ考えてみてください。

◆「もの忘れ」が気になることはありませんか
 誰でも、年をとると、体の動きや内臓が衰えます。同じように脳も若い頃のようには働かなくなり、年齢相応の“もの忘れ”が見られるようになります。これは自然な老化現象です。
 一方、認知症は脳に明らかな障がいが出現する病気です。

もの忘れ
 加齢によるもの忘れ認知症によるもの忘れ
忘れ方出来事の一部を忘れる
(例:食事で何を食べたか忘れる)

「え~と、今日のお昼は何を食べたんだっけ…」
出来事の全体を忘れる
(例:食事したこと自体を忘れる)

「お昼ごはんは?まだ食べてないわよ!」
自覚もの忘れを自覚しているもの忘れを自覚していない
日常生活支障はない支障がある
進行あまり進行しない進行していく
そのほかの症状なし・いつも同じ服を着ている
・段取りよく物事を行えない

◆ほかにもこんな症状はありませんか
 もの忘れのほかにも、気になることはありませんか。次の項目について確認してみましょう。
こんなことがあったら認知症の症状かも…
もの忘れ(1)置き忘れやしまい忘れがあり、探し物をしていることがある
(2)同じことを繰り返し話すことがある
理解力・判断力の衰え(3)簡単な計算ができなくなった
(4)整理・整頓ができないことがある
時間・場所が分からない(5)慣れた場所で道に迷うことがある
(6)時間や日付、場所の感覚が不確かになってきた
人格の変化・不安感が強い(7)気力・意欲が低下してきている
(8)周りへの気遣いがなくなり頑固になった
意欲がなくなる(9)以前はあった関心や興味がなくなってきた
(10)身だしなみを構わなくなる
※上の表は、あくまでも目安です。気になることがあれば、早めに相談・受診しましょう


【早めの対応を お気軽にご相談ください】

 市は「認知症ガイドブック」の発行や今年度新たに「認知症初期集中支援チーム」を設置しました。
 ぜひご活用・ご相談ください。


◆ご一読ください「認知症ガイドブック」
 認知症の進行度に合わせて利用できるサービスなどを一覧にした「認知症ガイドブック~大垣市認知症ケアパス~」。認知症は進行とともに状態が変化していくため、状態に合わせて、いつ、どこで、どのような医療・介護サービスを利用できるのかをまとめています。
 ぜひご活用ください。

ガイドブック

◎配布場所 : 高齢介護課(TEL 47-7415)、各地域包括支援センター(下表参照)
        ※市HPからもご覧いただけます


◆まずは、ご相談ください
 認知症のことでご相談があれば、下表のお近くの地域包括支援センターへご連絡ください。

地域包括支援センターへご連絡ください
名称主な担当地区電話
大垣市地域包括支援センター安井・川並・洲本・浅草82-1166
地域包括支援センター
大垣市社会福祉協議会
興文・東・西・南・南杭瀬・静里・綾里・荒崎・日新77-2255
北・中川・和合・三城・墨俣84-7111
上石津48-0068
大垣市地域包括支援センター
お勝山
宇留生・赤坂・青墓71-5536

◆認知症初期集中支援チームがお手伝いします
 市は、平成28年4月から新たに「認知症初期集中支援チーム」を配置しました。
 同チームは、専門医、保健師、介護福祉士など多職種の医療と福祉専門スタッフが連携し、必要に応じて、それぞれの人に合わせた集中的な支援を行います。


≪抱え込まずに相談を!≫

認知症初期集中支援チーム員 本多博子さん(介護福祉士)

認知症初期集中支援チーム員 本多博子さん(介護福祉士)

 
 認知症は、ほかの病気と区別がつきづらいもの。ですから、認知症だと思わなくても少しでもおかしいと感じることがあれば、すぐに相談してください。
 また市では、認知症に関するさまざまなサービスや相談窓口、お悩みを共有できるサロンなどを設けています。
 おひとりまたはご家族だけで何とかしようと抱え込まずに、ぜひお気軽に、地域包括支援センターにご相談ください。

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る