ページの先頭です

平成28年度第6回大垣市こどもICT講座「GPSとiBeaconの原理と応用~悪の科学者からの挑戦状~位置情報を使って謎を解け」を開催しました

[2016年11月1日]


 平成28年10月22日(土)、大垣市情報工房で、平成28年度第6回大垣市こどもICT講座「GPSとiBeaconの原理と応用~悪の科学者からの挑戦状~位置情報を使って謎を解け」を開催しました。
 講座には、市内の小中学生20人が参加し、GPSを使い位置情報を記録したり、iPadを使った位置情報ゲームをしたりしました。
 受講生からは、「GPSのことが分かってよかった」、「GPSとiBeaconのゲームが楽しかった」という声が聞かれました。         

講座の様子

講座内容の説明

講座の様子1

 今回のこどもICT講座で講師を務める、岐阜工業高等専門学校の田島先生から、講座内容やGPSの説明からスタート。参加者は、講師の先生の話を熱心に聞いていました。

実際にGPS機器を使おう

 情報工房の周辺をGPSロガーを持って歩き、データを取る体験をしました。
*GPSロガー:移動経路をGPSを使用して記録する機械。

講座の様子3

GPSを持って歩く。

GPSログの表示

 GPSログの表示方法の説明。

GPSログの表示2

 GPSログをパソコンで表示。

~悪の科学者からの挑戦状~位置情報を使って謎を解け

 講座後半は、「悪の科学者からの挑戦状」という、岐阜高等専門学校の学生オリジナルのiPadとiBeaconを活用したゲームに取組みました。受講生20名は、「iBeaconステージ」「GPSステージ」「激ムズ問題ステージ」という3つのステージに順に挑戦しました。

 

ゲームの様子1

岐阜高専の学生による説明。

第1ステージ「iBeaconステージ」

ゲームの様子1

室内でも屋外でもiBeaconに反応し問題が出題されます。

ゲームの様子2

問題の答えを選択します。

第2ステージ「GPSステージ」

ゲームの様子3

緯度経度からポイントを調べます。

ゲームの様子3

第3ステージ「激ムズ問題」

ゲームの様子3

4問あります!懸命に考えました!

ゲームの様子3

第1ステージから第3ステージまですべてクリアし、判明したキーワードを入力してワクチンを手に入れ、悪の科学者から平和な世界を取り戻すことができました!

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

大垣市企画部情報企画課[大垣市職員会館4階]

電話でのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る