ページの先頭です

10月1日からB型肝炎ワクチンの定期接種が始まります (平成28年10月1日号)

[2016年10月1日]


◆B型肝炎とは?
 B型肝炎とは、B型肝炎ウイルスの感染により起こる肝臓の病気です。一過性の感染で終わる場合と、感染している状態が続く場合(この状態をキャリアといいます)があります。キャリアになると慢性肝炎を発症することがあり、そのうち一部の人は肝硬変や肝がんなどになる場合があります。

◆B型肝炎ワクチンとは?
 ワクチンを接種すると、B型肝炎ウイルスへの免疫ができます。それにより、一過性の肝炎を予防できるとともに、キャリアになることを予防でき、周りの人への感染を防ぐこともできます。

◆ワクチンの接種について
・対象 : 平成28年4月1日以降に生まれた0歳児で1歳の誕生日前日まで
・接種回数 : 3回
・接種間隔 : 1回目の接種から27日以上あけて2回目を接種。1回目の接種から139日以上あけて3回目を接種。
・標準接種時期 : <1回目>生後2か月 <2回目>生後3か月 <3回目>生後7~8か月
・接種場所 : 市が委託した医療機関(10月1日から市HPに一覧を掲載)

【注意】
 1~3回目の接種を終えるまでには、約半年間かかります。1歳になると、定期接種の対象外となってしまうので、ご注意ください。

【問い合わせ】
大垣市保健センター(TEL 75-2322)

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る