ページの先頭です

守屋多々志美術館 特別展 芭蕉 ―同行二人― (平成28年10月1日号)

[2016年10月1日]


 故郷が生んだ歴史画の第一人者・守屋多々志画伯。
 今回は、松尾芭蕉やふるさと大垣を描いた作品を紹介します。

・とき : 10月1日(土)~12月11日(日) 午前9時~午後5時
      ※1日は午前10時30分からの開場式後に開場、毎週火曜日と10月12日(水)、11月4日(金)・24日(木)は休館
・入館料 : 300円(高校生以下は無料)
・展示解説 : 10月1日(土)・2日(日)の午後2時から実施
・問い合わせ : 同美術館(TEL 81-0801)へ

「萩の宿」(奥の細道から)

「萩の宿」(奥の細道から)

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


守屋多々志美術館 特別展 芭蕉 ―同行二人― (平成28年10月1日号)への別ルート

ページの先頭へ戻る