ページの先頭です

シリーズふるさと大垣 懐かしの一枚 (平成28年10月15日号)

[2016年10月15日]

◆公設地方卸売市場の開設

 昭和49年11月、古宮町に大垣市公設地方卸売市場が完成し、開場式が開催されたときの様子です。
 それまで船町にあった民間市場では、年々物資の流通量が増大し、施設の手狭さ、交通混雑が問題となったため、市が新しく卸売市場を開設しました。
 現在では、西濃圏域の2市4郡の約38万人を流通圏とし、新鮮な食材を供給しており、年3回の市場開放を開催しています。

公設地方卸売市場

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る