ページの先頭です

年末の交通安全県民運動 (平成28年12月1日号)

[2016年12月1日]

~ 無事故で年末 笑顔で年始 ~
 
12月11日(日)から12月20日(火)

【重点(1)】夕暮れ時と夜間における交通事故防止
 年末は、午後4時から8時にかけて、高齢者を中心とした交通弱者が被害に遭う交通事故が増加傾向にあります。
 夕暮れ時や夜間に外出するときは明るい色で目立つ服装や、夜行反射材を身に着けましょう。
 
【重点(2)】飲酒運転の根絶
 飲酒運転は、判断力や注意力などを低下させ、重大事故を引き起こす危険性が高くなります。
 年末は、忘年会など飲酒の機会が増えますが、公共交通機関やタクシー、運転代行サービスを利用するなどして、飲酒運転は絶対にやめましょう
 
【重点(3)】全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの着用徹底
 県下では、いまだにシートベルトやチャイルドシートの非着用による死亡事故が後を絶ちません。運転者はもちろん、後部座席を含めて、車に乗った人全員の着用が義務となっています


≪高齢運転者の事故が増えています!≫
 最近、高齢者が交通事故の加害者となるケースが増えています。加齢による身体機能の低下を自覚し、慣れた道であっても、早めのライト点灯や安全な速度での運転を心がけましょう。

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る