ページの先頭です

平成30年の所得税・個人住民税申告からスイッチOTC薬控除がはじまります (平成28年12月1日号)

[2016年12月1日]

(医療費控除の特例)

≪スイッチOTC薬とは≫
 これまで医師の処方箋がないと使用できなかった医薬品を、薬局でも買えるようにしたものです。

 国は、医療費控除の特例として、「スイッチOTC薬控除」を創設しました。これは、年間に支払ったスイッチOTC薬の購入費用のうち、12,000円を超える部分の金額について所得控除(限度額88,000円)できるというものです。適用期間は平成29年1月1日から33年12月31日までで、対象者は健康の保持増進や疾病予防の取り組みを行っている人(生計同一親族含む)です。申告の際には、領収書が必要になります。
 また、この控除と従来の医療費控除は、どちらか一方のみ受けることができます。対象となるスイッチOTC薬は、厚生労働省のHPでご確認ください。
 詳しくは、課税課(TEL 47-8179)へ。

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る