ページの先頭です

申告の準備は、お早めに! (平成28年12月15日号)

[2016年12月15日]

【「収入」と「必要経費」に分けて記帳を!】
 平成26年1月から、営業・農業・不動産・山林所得のある業務を行うすべての人は、その収支を記帳し、帳簿などを保存することが義務付けられています。
 日々の記帳をされていない人は、1月から12月までの伝票や領収書などをもとに、「収入金額」と「必要経費」に分けて帳簿を作成してください。
 なお、収支の計算が分かりやすい「収支計算のしおり」は、市ホームページからダウンロードできますのでご利用ください。


【個人番号の記入と本人確認について】
 社会保障・税番号制度(マイナンバー)導入により、平成28年分から申告者の個人番号が必要になります。また、配偶者控除および扶養親族を申告する場合、配偶者などの個人番号も必要です。
 なお、申告書を提出する際には、本人確認のため、申告者の下記(1)~(3)のいずれかを提示してください。
 (1)個人番号カード(マイナンバーカード)
 (2)通知カードと身分証明書(運転免許証、パスポートなど)
 (3)個人番号が記載された住民票(写し)と身分証明書


・問い合わせ : 課税課市民税グループ(TEL 47-8179)へ

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る