ページの先頭です

市民創作劇 「わが街 大垣」 -戦後の古き良き大垣と、そこに生きた人々を描く- (平成28年12月15日号)

[2016年12月15日]

 劇作家ソーントン・ワイルダーの名作「わが町」を下敷きに、岐阜を拠点に全国で活躍する劇作家・演出家の「はせひろいち」さんが大垣の庶民史を書き下ろします。
 戦後、成長著しい大垣の1960年代、古き良き時代を虚実交えて描きつつ、そこに生きた人々のささやかな人生と、ヒトが生きていく根源的な意味合いに迫る意欲作です。


・とき : (1)3月4日(土) 午後6時30分~(開場:午後6時~) (2)3月5日(日) 午後2時~(開場:午後1時30分~)
・ところ : スイトピアセンター文化ホール
・入場料(全席自由) : 一般1,500円、25歳以下1,000円、高校生以下500円
・入場券販売 : スイトピアセンター事務室、市民会館で販売中 ※大垣市文化事業団HPでも購入可
・問い合わせ : 同事業団(TEL 82-2310)へ

 

創作劇で熱演する市民ら(昨年)

創作劇で熱演する市民ら(昨年)

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る