ページの先頭です

西安市児童との音楽交流会 <1月16日取材>

[2017年1月18日]

言葉の壁を越えた音楽交流

鼓笛演奏で歓迎する牧田小児童
中国の琴演奏をする西安市の児童

 牧田小学校と上石津中学校で1月16日、中国・西安市の音楽学校「西安楽韵芸術団」と「西安市長安区第一小学校」の子どもたち約30人との音楽交流会が開かれました。

 これは、昨年10月の催し「ふれあいかみいしづ2016」に中国琵琶演奏者として出演した、中部大学国際関係学部講師の宗ティンティンさんが要望し実現したものです。

 まず、牧田小学校の児童らが鼓笛演奏で歓迎すると、西安市の子どもたちは、美しい音色の中国琴や軽快なダンスを披露。最後は全員で「幸せなら手をたたこう」を合唱し、言葉の壁を越えた音楽交流を楽しみました。

 

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

大垣市企画部秘書広報課[2階]

電話でのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る