ページの先頭です

税の申告受付が始まります (平成29年2月1日号)

[2017年2月1日]

 平成28年分の所得税及び復興特別所得税・消費税・贈与税の申告受付と、市・県民税の申告受付がまもなく始まります。申告書は自分で作成し、早めに提出しましょう。
 なお、所得税及び復興特別所得税の確定申告書を提出すれば、市・県民税の申告書の提出は不要です。


<問い合わせ>
◎所得税及び復興特別所得税・消費税・贈与税⇒大垣税務署
 (TEL 78-4101 自動音声案内2番)
◎市・県民税⇒大垣市役所課税課
 (TEL 47-8179)

 



【所得税及び復興特別所得税など】申告受付は市民会館で

所得税及び復興特別所得税・消費税・贈与税の申告
とき2月16日(木)~3月15日(水)
平日 9時00分~17時00分
※受付終了時間 : 16時00分
ところ市民会館3階 大会議室
※期間中、税務署には申告会場を設けていません


 所得税及び復興特別所得税・消費税・贈与税の申告受付は、市民会館3階で行います。
 次に該当する人は、市民会館で申告をしてください。

◆株式・土地などを売った人
◆青色申告の人
◆事業に伴う経費の算定が不明の人
◆新たに事業を始めた人
◆雑損控除を受ける人
◆修正・訂正・準確定の申告をする人
◆損失の申告をする人
◆初めて住宅ローン控除を受ける人

≪郵送で提出する場合≫
 住所・氏名・電話番号・生年月日を記入し、押印のうえ、下記へ郵送してください。
・郵送先 : 大垣税務署(〒503-8556 丸の内2-30) ※時間外文書受付箱(税務署の南東に設置)への提出も可
・備考 : 申告書の控えに税務署の収受印が必要な人は、返信用封筒(切手貼付)を同封

 


【市・県民税】申告受付は市役所と出張会場で

 市・県民税の申告受付は、市役所と7か所の出張会場で行います(下表のとおり)。

市・県民税の申告
 ときところ
主会場2月16日(木)~3月15日(水)平日
8時30分~17時00分
市役所4階 大会議室
※期間中、課税課には申告会場を設けていません
出張
会場
2月6日(月)・7日(火)9時00分~16時00分西部研修センター 多目的ホール
2月8日(水)・9日(木)南部子育て支援センター1階 多目的ホール
2月13日(月)・14日(火)墨俣地域事務所1階 大会議室
2月15日(水)情報工房5階 スインクホール
2月23日(木)・24日(金)中川地区センター1階 多目的ホール
3月1日(水)・2日(木)・3日(金)青墓地区センター 多目的ホール
3月8日(水)・9日(木)・10日(金)上石津地域事務所2階 2-1会議室

 申告がスムーズに進むよう、自分で記入する「自書申告」にご協力ください。また、医療費領収書の計算や帳簿・書類の整理を済ませておいてください。

<申告に必要なもの>
(1)マイナンバーに係る本人確認書類
(2)申告書、印鑑、筆記具、計算機
(3)源泉徴収票(原本)
(4)営業、農業、不動産などの収入がある人は、帳簿・書類など
(5)各種控除を受けるための証明書など
 ・医療費控除…領収書、保険金などで補てんされた金額がわかる書類など
 ・社会保険料控除…領収書、社会保険料控除証明書
 ・生命保険料控除および地震保険料控除…保険会社発行の申告用控除証明書
 ・障害者控除…障害者手帳、障害者控除対象者認定書などの証明書
 ・勤労学生控除…在学を証明する書類
 ・配偶者特別控除…配偶者の収入金額がわかる書類
 ・寄附金税額控除…受領証など

≪郵送で提出する場合≫
 必要事項を記入し署名押印のうえ、源泉徴収票や控除証明書などの資料、マイナンバーに係る本人確認書類の写しを同封し下記へ郵送ください。なお資料の返却をご希望の場合は、返信用封筒に必要金額分の切手を貼付し、返送先をご記入のうえ同封してください。
・郵送先 : 大垣市役所課税課(〒503-8601 丸の内2-29)


 


【申告に必要です】個人番号の記入と本人確認書類
 社会保障・税番号制度(マイナンバー)により、平成28年分から申告書には申告者の個人番号の記入が必要です。また、配偶者控除及び扶養親族を申告する場合は、配偶者などの個人番号の記入が必要です。申告書の提出にあたっては、本人確認のため、申告者本人の次の(1)~(3)のいずれかの書類を社会保障・税番号制度に係る本人確認書類としてお持ちください。
 (1)個人番号カード
 (2)通知カードと本人確認ができる資料
 (3)個人番号が記載された住民票と本人確認ができる資料
◆上記(1)~(3)のいずれかの書類の写しの添付が必要な場合があります。ただし、本人に代わって親族が提出する場合は、上記(1)~(3)のいずれかの写し((1)の場合は両面)が必要です(市役所主催会場で申告する場合)。
◆本人確認ができる資料とは、運転免許証、パスポート、公的医療保険の被保険者証などです。

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る