ページの先頭です

インフルエンザにかかったら… (平成29年2月1日号)

[2017年2月1日]

 県内でインフルエンザ患者が増えています。外出後の手洗いや、栄養と睡眠を十分にとること、人混みを避けることなどを心がけ、予防しましょう。
 もしもかかってしまった場合は、適切に対応し、重症化や他の人への感染を防ぎましょう。


<かかったときの対応>
・熱や咳などの症状が出たら、早めに医療機関を受診する
・インフルエンザと診断されたら、安静にして休養する
・水分を十分にとる。お茶、スープなど飲みたいものでよい


<家族への感染を防ぐために>
・できるだけ他の家族と離れて静養する
・1時間に1回程度、短時間でもよいので部屋の換気をする
・咳が出るときはマスクをつける
・家族は、看病の際はマスクをつけ、看病の後はこまめに手を洗う


<重症化しやすい人>
・高齢者、妊婦、子ども、呼吸器や心臓などに持病がある人は、重症化しやすいので、早めの受診を心がける


◎問い合わせ : 大垣市保健センター(TEL 75-2322)

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る