ページの先頭です

大垣市未来ビジョン 基本構想決まる (平成29年4月1日号)

[2017年4月1日]


 市は、第五次総合計画が平成29年度で終了するにあたり、市制100周年の節目の年である平成30年度を初年度とする「大垣市未来ビジョン」の策定に着手しました。
 多くの市民の皆さんに参画していただくため、アンケート調査やワークショップの開催、まちづくり作文および絵画の募集、パブリックコメントの募集などを行ってきました。
 また、学識経験者をはじめ市民公募などの外部の委員からなる総合計画審議会を設置し、昨年度は大垣市未来ビジョン基本構想の審議を行い、昨年10月に諮問、2月に答申を受けました。市は、その答申に基づき、基本構想案を第1回市議会定例会に提案し、可決されました。
 この基本構想は、現代の子どもたちが主役となる30年後の本市のあるべき姿を未来都市像「みんなで創る 希望あふれる産業文化都市」とし、目指すまちの姿とその実現に向けた方向性を示すものです。
 今後、市は基本構想を実現するための基本的な施策を示す「基本計画」などの策定を進めます。
 詳しくは、地域創生戦略課(TEL 47-8216)へ。

答申の様子

答申の様子

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る