ページの先頭です

命を守るがん検診 (平成29年4月15日号)

[2017年4月15日]

 日本では、2人に1人が発症している「がん」。早期の段階では自覚症状がなく、進行した段階で初めて異変を感じるケースも少なくありません。
 そうした事態を防ぐためには、早期に「がん」を発見し、治療につなげることが重要です。大切な命を守るために、積極的に検診を受けましょう。検診の日程は、本紙10面に随時掲載します。
 詳しくは、大垣市保健センター(TEL 75-2322)へ。

 

市が実施するがん検診
種類対象
子宮がん20歳以上の女性
乳がん35歳以上の女性
大腸がん40歳以上の人
肺がん
胃がん50歳以上の人
前立腺がん50歳以上の男性

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る