ページの先頭です

大垣市制100周年シンボルマークが決まりました!

[2017年4月29日]

 大垣市では、平成30年に迎える市制100周年を広く内外にPRするとともに、記念事業に活用するため、平成29年2月1日から3月31日にかけて市制100周年シンボルマークを募集しました。その結果、市内外から多数の応募があり、厳正なる審査の結果、最優秀賞1点をシンボルマークとして決定しました。

応募総数

 2,119作品

  • 地 域:大垣市内1,831作品、岐阜県内:41作品、岐阜県外(北海道から鹿児島県まで)247作品
  • 年 齢:7歳(小学1年生)から83歳まで

シンボルマーク決定作品

シンボルマーク決定作品

作 者

氏 名

 高瀬 清二(たかせ きよじ)氏

住 所

 岐阜県山県市

年 齢

 65歳

作者による作品の説明

 「水の都・大垣」の象徴である豊かな水を、色や形で表現するとともに、100の数字の上部のみを印象的に配置し、線は徐々に太くすることで未来に向けて発展していく様子を、0の数字の線は幾重にも重ねることで、大垣の魅力を力強く情報発信する様子として表現しました。また、数字と数字を重ねることで、人と人が寄り添い発展していく様子をあわせて表現しました。

選考会

選考委員

選考委員
所 属役 職氏 名 
大垣女子短期大学デザイン美術学科学科長田中 久志
平野学園学校長平野 宏司
大垣市かがやきライフ推進部部長原 善孝

講 評

 シンプルでありながらも、青のグラデーションで幾重にも重ね描かれた「100」の文字が、大垣市の歴史を感じさせるとともに、水の波紋が、未来に向かって躍動していく様子として表現され、市制100周年のテーマとマッチし、一目見るだけで忘れられない非常に印象的な作品になっています。

シンボルマーク及び受賞作品の表彰

優秀作品

  • 最優秀賞 1点(賞状及び商品券5万円分)
  • 優秀賞 10点(賞状及び大垣の特産品)

受賞者

受賞者一覧
種別氏名(敬称略) 住 所年齢備考(学校名・学年)
最優秀賞高瀬 清二岐阜県山県市65
優秀賞江口 真琴岐阜県大垣市14大垣市立興文中学校2年
優秀賞河合 若菜岐阜県大垣市14大垣市立南中学校2年
優秀賞佐藤 達美愛知県弥富市68
優秀賞説田 あかり岐阜県大垣市12大垣市立南小学校6年
優秀賞高木 美咲岐阜県大垣市10大垣市立赤坂小学校4年
優秀賞鶴山 勝仁岐阜県大垣市59
優秀賞永本 成児大阪府藤井寺市65
優秀賞畭 絵美里岐阜県大垣市18大垣桜高校3年
優秀賞藤原 友子埼玉県所沢市28
優秀賞和田 淳志岐阜県大垣市32
   ※ 年齢及び備考欄の学校名・学年は、応募時点の情報

表彰式

 平成29年6月2日(金)に開催される、市制100周年プレイベント「フレンドリーシティ合唱の夕べ」で表彰

 

シンボルマークの活用

 のぼり旗、ピンバッジ等のグッズ作成のほか、印刷物や啓発物に掲載

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

大垣市かがやきライフ推進部まちづくり推進課[大垣市職員会館2階]

電話でのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム


大垣市制100周年シンボルマークが決まりました!への別ルート

ページの先頭へ戻る