ページの先頭です

屋外広告物 安全点検報告書の提出が義務化 (平成29年5月1日号)

[2017年5月1日]

 看板などの屋外広告物を設置する場合は、事前に許可申請を受ける必要があります。また、許可には手数料が必要となります(一定面積以下の自家広告物は除く)。
 市では、許可を受けていない屋外広告物の指導を行っておりますので、ご理解とご協力をお願いします。

◆更新申請時に安全点検報告書の提出が必要となります
 近年の屋外広告物による事故の多発により、設置者(管理者)の皆さんには、より適切な管理が求められています。
 そのため、岐阜県では、広告物の許可期間更新申請時に、有資格者による安全点検を実施し、更新申請書類とともに、点検報告書(所定の様式)を提出することが義務化されました(平成29年8月以降に許可期間が満了となる広告物の許可期間更新申請から適用)。
 点検により異常が認められた場合、原則、許可をすることはできません。速やかに改善の処理を行ってください。

【問い合わせ】都市計画課(東庁舎2階、TEL 47-8694)へ

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る