ページの先頭です

市制100周年に向けて (平成29年5月15日号)

[2017年5月15日]

 大正7年(1918)の4月1日に誕生した大垣市は、平成30年に市制100周年を迎えます。
 市は、この節目の年を、新たな未来に向かって飛躍・発展する契機とし、大垣の魅力を広く発信するため、市民協働で記念事業に取り組む「大垣市制100周年記念事業実行委員会」を設立しました。
 今回紹介する事業のほか、「おおがきの歌」の制作など、今後さまざまな取り組みを進めていきます。
 詳しくは、同実行委員会(まちづくり推進課内、TEL 47-8547)へ。


≪市制100周年シンボルマークが決定!≫
 市は、市制100周年を広くPRするため2月1日から3月31日までシンボルマークデザインを募集しました。
 その結果、市内外から2,119点の応募があり、選考会を経 て下の作品がシンボルマークに決定しました。
 このデザインを考案したのは、山県市在住の髙瀬清二さん。「『水の都・大垣』の象徴である豊かな水を、色や形で表すとともに、100の数字の上部のみを印象的に配置し、0の線を徐々に太くすることで未来へと発展していく様子を表現しました。」との思いが込められています。
 同マークは、市制100周年を記念して実施される各種事業などのPRに活用していきます。
市制100周年シンボルマーク


【フレンドリーシティ合唱の夕べを開催】
 同実行委員会は、市制100周年プレイベントとして「フレンドリーシティ合唱の夕べ」を催します。

・とき : 6月2日(金) 午後6時~8時30分
・ところ : スイトピアセンター音楽堂
・内容 : 本市とフレンドリーシティであるアメリカ合衆国・ビーバートン市の市民合唱団「ISing」などによるコンサート、「音楽を活かしたまちづくり」をテーマとしたパネルディスカッションなど
・申込 : まちづくり推進課(職員会館2階、TEL 47-8547)にて整理券を配布
「ISing」

「ISing」

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る