ページの先頭です

守屋多々志美術館第66回企画展 武士 ~つわものどもが夢の跡~ (平成29年5月15日号)

[2017年5月15日]

 日本や海外の歴史に基づいたテーマを独自の大胆な画面構成と新しい解釈で展開し「歴史画」の第一人者として活躍した守屋多々志画伯――。
 今回は、入念な歴史研究に基づき描かれた武士の甲冑などを中心に中世の歴史物語を紹介します。

・とき : 5月20日(土)~7月9日(日) 午前9時~午後5時 ※毎週火曜日は休館
・入館料 : 300円(高校生以下は無料)
・備考 : 学芸員による展示解説を、5月20日(土)と21日(日)の午後2時から実施
・問い合わせ : 同美術館(TEL 81-0801)へ

「星と武者」

「星と武者」

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


守屋多々志美術館第66回企画展 武士 ~つわものどもが夢の跡~ (平成29年5月15日号)への別ルート

ページの先頭へ戻る